メニュー

中区後見的支援室 らるご

※お知らせ!

8月13(月)~17(金)はお盆のため、ビルが締まっている可能性があります。

らるごは通常営業しておりますので、御用のある方はご連絡くださればお迎えにまいります。

 よろしくお願いいたします。

 

新たに機関紙「ゆったりらるご夏号」を発行しました!

ゆったりらるご夏号

ゆったりらるご春号

 

後見的支援制度とは

「将来の不安」「親亡きあとの生活はどこに相談したらいいのか」などのご本人やご家族の意見を受けて平成22年10月から横浜市独自の制度として始まりました。

障害のある方とそのご家族が住み慣れた地域で暮らし続けるために、日常生活を見守り、将来に対する漠然とした不安や希望を受け止め、生涯にわたり寄り添いながら将来の生活について一緒に考えます。
地域の方や支援している人が日常生活を気にかけ、さりげなく見守るネットワーク作りをお手伝いします。

平成29年3月1日から、「社会福祉人みはらし」が運営法人として中区後見的支援室らるごを開所いたしました。らるごとは、音楽の速度記号で「ゆったりと」という意味があります。本人の願う暮らしの実現にむけて、生涯にわたりゆるやかに寄り添いたいという思いが込められています。

後見的支援制度説明書はこちら

後見的支援室らるごの紹介

DSC_6616

責任者:支援室のマネジメントを行います。

担当職員:あんしんキーパーとして協力をしてくれる人を増やしていくなど、この制度を地域に広めていきます。

あんしんマネジャー:これまでの本人の暮らしや将来の希望と目標を伺い、本人の見守り体制を作ります。また、定期的な訪問をしながら、後見的支援計画書がうまく進んでいるか本人と一緒に確認していきます。

あんしんサポーター:日中活動先、暮らしの場などに定期的に訪問します。

らるごでは、中区に後見的支援制度を広めるため、制度説明会を地域で開催しています。

平成30年度 制度説明会実績

開催月   対象機関 参加人数    
5月    自立支援協議会 代表者会議   

35名

6月 三機関(区役所・基幹相談・生活支援センター)合同会議

13名

  生活困窮者定例調整会議

40名

7月 地域生活センター

11名

  中区本牧活動ホーム

9名

  中区障害者地域活動ホーム①

6名

  中区生活支援センター

10名

  中区障害者地域活動ホーム②

8名

8月

地域ケアプラザ所長会

3名

 

不老町ケアプラザ職員(寿カフェにて)

1名

 

 

あんしんマネジャー・担当職員が制度説明にお伺いいたします。
ご連絡・お申込みお待ちしております。

メンバー紹介

ご相談の様子

DSC_6666

事業所地図

中区山下町70番地 土居ビル4階A室

事業所までの道順

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME